DEADLIFT デッドリフト

デッドリフト について

HOW  TO DEADLIFT
(デッドリフトをはじめよう)

背中・足腰を主に使うトレーニング

【準備】
1)バーに対して水平に立ち、正面を向きます
2)足幅はナロースタンス若しくはワイドスタンス(スモウスタイル)

【デッドリフトの動作】
バーを両手で握り1回の動作で完全な直立状態まで引き上げます
手幅・足幅は自由です。
※直立状態とは膝が完全に伸びきり、肩の位置が後方にある状態のことをいいます。

【怪我をしやすい動き】
挙げている最中に腰が曲ってしまう。

【デッドリフト種目の競技的反則行為】
バーを大腿部で支えながら挙上する。
引き上げの途中でバーが下がる。(煽ってあげるのは反則です)
合図の前にバーを落とす(肩が返ったとみられた後に「ダウン」という合図がかかります)
バーを戻すときに両手でコントロールして戻さない(手を放して落とす)
脚の位置が前後または横にずれる

 

 

デッドリフト 「後ろ姿で魅せる身体をつくろう」

この種目は綺麗な身体、爆発力のある身体になる最適種目です。

主に使う筋肉 僧坊筋, 広背筋、大円筋、脊柱起立筋,大殿筋、ハムストリングス、内転筋

デッドリフト 効果とやり方

デッドリフトはハイパワーを出す筋肉を一度に鍛えることが出来ます。

この素晴らしいトレーニングは背中の起立筋群や太ももの裏のハムストリングス、

お尻の大殿筋・中殿筋、首から肩にかけての僧帽筋、広い背中になる広背筋などなど

多くの筋肉を効率よく鍛えることが出来るのです。

男性は、広い背中、キュッとしまったお尻、すらっとした背筋、

しっかりした太ももになることが出来ます。

女性は、綺麗にヒップアップ、凛とした背筋、締まった太ももになることが出来ます。

スポーツをする方であれば、爆発的に力を出すことが出来るようになり、

スポーツの動きをより力強くさせます。

身体を安定させ踏ん張る力やぶつかり合う力を増加させることが出来ます。

ESQUATIRでは身体づくりのためにはデッドリフトもスクワットとならび

重要種目と考えています。

デッドリフトのやり方と一口で言っても様々なバリエーションがあり、

現れる効果もかなり幅があります。

たとえば、ワイドスタンスとナロースタンスでは使う筋肉もやり方も変わってきます。

またその中でもチェーンやボックス、引き方などのバリエーションがあり、

扱う重さも変わるため目的に合わせたトレーニングメニューを作る必要があります。

特に注意すべきは「怪我のリスクを少なくするフォーム」で行うということです。

デッドリフトは腰に悪いのでは?と誰もが思うことでしょう。

しかし、そこには怪我をしにくくなるフォームのポイントとやり方があるのです。

デッドリフトは危険なポイントをしっかりと理解することで、

誰にでも安全に全力でトレーニング出来ます。

男性の広い背中、キュッとしまったお尻、すらっとした背筋、しっかりした太もも、

女性の綺麗なヒップアップ、凛とした背筋、締まった太ももなどは、

きちんとトレーニング出来てこそ得られる効果なのです。

身体づくりの方々はもちろんスポーツをする方は怪我のリスクなど

最小限にしなければいけません。

さらに高いレベルのデッドリフトをしたい方は、

特別な補強トレーニングを並行して行うことをお勧めしています。

専門ジムだからこそ誰でも効果とやり方を学べます。

私たちはそれぞれの目的に適したデッドリフトを提案させて頂いています。

RUDDER TO THE CAPSTONE