ESQUATIR
ウェイトトレーニング専門ジム エスクァティア公式サイト

ウエイトトレーニング初心者の方大歓迎

ウエイトトレーニング初心者の方大歓迎

女子ウエイトリフティング‐ESQUATIRエスクァティア‐

2019年11月8日

女子ウエイトリフティング‐ESQUATIRエスクァティア‐

 

ウエイトリフティングとは

 

ウエイトリフティングとはバーベルについた重りを頭上まで落ち上げる重量挙げ競技です。ウエイトリフティング競技では、床から一気に頭上まで持ち上げる「スナッチ」と、床から肩まで持ち上げ、次に肩から頭上に持ち挙げる「クリーン&ジャーク」2種目の合計重量を競います。パワーだけでなく、テクニック・スピード・タイミング・バランス・柔軟性も必要で、全身鍛えることのできるトレーニングです。

 

女性のウエイトリフティング選手

 

最近女性のウエイトリフティング選手が、とても注目されています。日本で有名な女子ウエイトリフティング選手と言えば、三宅宏美選手です。女子48㎏級、53kg級の日本記録保持者であり、現在は新階級の49㎏級で活躍しています。2016年のリオデジャネイロオリンピックでは女子48kg級で銅メダルを取得した日本を代表する女子ウエイトリフティング選手です。三宅選手は背丈が小さく小柄ですが、クリーンでは100kg以上を持ち上げます。

女子ウエイトリフティング選手の活躍から、「私もやってみたい!」とウエイトリフティングを始める女性は増えてきています。最近の筋トレブームもあり、今は女性でもトレーニングを始められる場所がたくさんあります。

※ちなみにウエイトリフティング女子の新階級は10 階級(45・49・55・59・64・71・76・81・87・+87 ㎏級)です。

 

リオでの三宅宏美選手

 

日本を代表する三宅宏美選手ですが、彼女のリオでの試合はウエイトリフティングの注目を集めた試合の1つです。腰のヘルニアが痛む満身創痍の状態で挑んだリオの試合で、スナッチで1回目と2回目の81kgを失敗し、あと1回失敗すると失格という状況に追い込まれた。バランスを崩しながらも3回目の81kgを成功させ次の種目へと繋げることができました。クリーン&ジャークでは1回目の105kgを成功し、2回目の107kgは挙げることができたもののミスを指摘され失敗に。またも失敗できない状況に追い込まれた三宅選手でしたが、3回目のクリーン&ジャーク107kgを成功させ見事に銅メダルを取得しました。クリーンの3回目が終わった後、喜びからとび跳ね、バーベルを撫でながら抱きついた姿は見ていた人に感度と安心を与えました。

今年、東京オリンピックへの選考となる世界選手権がタイ・パタヤで開催されましたが、三宅選手は9月19日の試合に女子49㎏級で出場するも、スナッチで元々痛みのあった左脚が原因で途中棄権となってしまい、東京オリンピックへの内定とはなりませんでしたが、まだまだ今後の活躍に期待したいです。

 

 

ウエイトリフティングを学ぶなら

 

ウエイトリフティングを練習したいと思ってもできる場所は限られています。頭上からバーベルを落としたり、バーベルが高く上がるため、通常トレーニングジムで練習できなかたり、ラックの中のみと制限があったりします。

フリーウエイトの専門ジムで横浜にあるエスクアティアでは、ウエイトリフティングの練習が可能です。バーベルを落としても衝撃を吸収するウエイトリフティングスペースや、ウエイトリフティング用のバーベル男子用(20㎏)、女子用(15㎏)と専用プレートも用意されており、現役のウエイトリフティング選手も通うほどです。

 

横浜フリーウエイトジムESQUATIR

https://esquatir.com/

 

 

女性トレーナーから教わるウエイトリフティング

 

エスクアティアジムでは、女性トレーナーがウエイトリフティング指導を行っています。初心者の方がフォーム習得目指すウエイトリフティング教室や、マンツーマンのパーソナルトレーニングなど自分に合ったメニューを選択しやすいのもポイントです。女性指導者のため、女性の方から子供まで教わりやすい環境です。女性ならではの悩みに合わせてメニューやフォームを指導して下さいますよ。

 

体力に自身のない女性でもウエイトリフティングなら全身を鍛えることができる

 

全身の筋力を使うウエイトリフティングでは、一回のトレーニングで脚・広背筋・腕などを鍛えることができます。挙げるタイミングやスピードなど意識する点も多く集中力が必要となるため普段汗をかかない方も、1時間のトレーニングでたくさんの汗をかくことができます。引き締まった体づくりをしたい方、運動不足な方、健康のために適度に運動したい方にはウエイトリフティングはオススメですよ。せっかく女性の筋トレブームに火が付いている時なので、ぜひ挑戦してみて下さいね!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る