ESQUATIR
ウェイトトレーニング専門ジム エスクァティア公式サイト

ウエイトトレーニング初心者の方大歓迎

ウエイトトレーニング初心者の方大歓迎

パラ・パワーリフティングとは―ESQUATIRエスクァティア―

2019年11月10日

パラ・パワーリフティングとは―ESQUATIRエスクァティア―

 

パラ・パワーリフティングとは、下肢障がい者を対象としたベンチプレスの挙上重量を競う競技です。ベンチプレスとは、台の上に寝た状態でバーベルを持ったら胸までバーベルをおろし、肘が伸びきるまでバーベルを押し上げる種目です。胸や腕といった上半身の筋力を必要とします。競技は重さに3回チャレンジすることができ、3回のうちに挙げた最高重量が記録となります。ただ挙げるだけでなく、シビアなルールも設けられています。2回目に行う重量は、1回目に申請した重量より下げてはいけない、バーベルが挙上する途中で下がったり、バーベルが傾いてはきけないなど力任せだけではいけないのは競技の面白みです。

 

 

パラ・パワーリフティング競技

 

まず、男子・女子別に階級が設けられています。男子は全10階級(49㎏級・54kg級・59kg級・65kg級・72kg級・80kg級・88kg級・97kg級・107kg級・107kg超級)女子は全10階級(41㎏級・45㎏級・50㎏級・55kg級・61kg級・67kg級・73kg級・79kg級・86kg級・86kg超級)で、各階級で挙上重量を競っていきます。試合はラウンド制で3試技行えます。例えば階級に10名の選手がエントリーしていたら、1回目は重量の申請順で10名が1回ずつ試技していきます。2回目は1回目の試技後に申請した重量順で試技を行なっていくという方式です。

 

 

パラ・パワーリフティングの魅力

 

トップレベルの選手は、健常者の方であっても挙げることが難しい重量を挙げることができます。どんなスポーツでもそうですが、日々の練習がとても大切です。特にベンチプレスのような重量挙げスポーツは、技術練習だけで絶対に強くなれません。日々キツい練習に耐えて、やっと誰にも負けないような重量を挙げることができるのです。

「今あげられる重さよりもう5㎏挙げたい。」そのような目標を立てた時、なんだか簡単そうに思えますが、5kg記録を伸ばすには何ヶ月ものトレーニング期間が必要になります。下手すれば1年かかる場合もあります。それほど、筋力トレーニングというのは日々の辛い練習に耐えてこそ得られる結果なのです。

パラ・パワーリフティングの魅力は、競技者であれば日々の努力が数字として結果に繋がる喜びを得られること、また自分の体つきの変化から成長を感じられることではないかなと思います。競技を見る側としては、100キロ200キロという日常では持つことのないような重さを挙げる姿が見れることや、同じ階級の選手同士が挙上重量を1kg単位で競い合っている試合展開などでは「どちらが挙げるのか」とハラハラさせられる時もあります。競技を行っていなくても、見どころのたくさんある種目です。

 

 

ベンチプレストレーニングについて

 

ベンチプレスは上半身を鍛えるトレーニングでありますが、競技をやるやらないに関わらず、皆さんに行ってほしいトレーニングです。筋力は日常的なトレーニングしていかないと、年齢とともに低下していってしまいます。「私は力仕事はしないから大丈夫。」そう油断してはいけません。筋力の低下によって、体力がなくなる、血の巡りが悪くなる、肩こりや首の疲労感など、体に関する悩みが出てきます。足腰も同じです。

筋力低下の予防であれば、週1回のトレーニングを継続して行なっていければ良いですし、筋力・筋肉をつけたい、重量を伸ばしていきたい場合は2回3回と行なえれば更に良いです。

横浜にあるフリーウエイトジム、エスクァティアではベンチプレス台が7台、その他にも足腰を鍛えるスクワットやデッドリフトを行なえるスペースがあります。各種目のフォーム指導から、メニューの作成まで行なっており、運動やトレーニング初心者の方でも始めやすいジムです。

https://esquatir.com/

 

 

2020年のパラリンピック

 

2020年、東京で行われるオリンピック、パラリンピック。パラ・パワーリフティングは年々挙上重量のレベルがあがり、世界最高重量はラーマン選手(イラン)の310kg。次の目標は350kgと述べるラーマン選手が東京オリンピックでどこまで重量が伸ばせるか期待されている。日本選手は強化指定選手制度を設けるなど、選手の練習環境に対する取り組みを行っています。練習環境が年々良くなってきているパラ・パワーリフティングだけに、日本選手の活躍に期待したいです。

 

東京オリンピックで新しい競技を知ったり、より深く知ったりすることで「スポーツ」の面白さを発見できると思います。見ても、やっても楽しいスポーツ。オリンピックを機にスポーツに興味を持った方は、ぜひ何かに取り組んでみて下さい。パラ・パワーリフティング種目のベンチプレスは男女年齢問わず、誰でも挑戦できるスポーツです。本格的に始めたい方はフリーウエイト専門のジムでフォームやメニューを教わりましょう。

 

関東にあるオススメのフリーウエイト専門ジムはこちら

https://esquatir.com/

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る