ESQUATIR
ウェイトトレーニング専門ジム エスクァティア公式サイト

ウエイトトレーニング初心者の方大歓迎

ウエイトトレーニング初心者の方大歓迎

ウエイトリフティングベルトの選び方と使い方―ESQUATIR―

2019年11月7日

ウエイトリフティングベルトの選び方と使い方―ESQUATIR―

 

これからウエイトリフティングを始めてみようと思っている方に、ウエイトリフティングで使用するためのベルトの選び方と使い方をご紹介します。ウエイトリフティングとはバーベルについた重りを頭上まで落ち上げる、重量挙げ競技です。ウエイトリフティング競技では、床から一気に頭上まで持ち上げる「スナッチ」と、床から肩まで持ち上げ、次に肩から頭上に持ち挙げる「クリーン&ジャーク」2種目の合計重量を競います。パワーだけでなく、テクニック・スピード・タイミング・バランス・柔軟性も必要で、全身鍛えることのできるトレーニングです。

 

 

ウエイトリフティングのトレーニングでベルトを使う意味

 

ウエイトリフティングは「スナッチ」「クリーン&ジャーク」の2種目の練習に加え、スクワットやデッドリフト等の多関節種目トレーニングで筋力をつけていきます。ベルトはそのようなトレーニングでの腰の怪我予防、腹圧を高めるアイテムとして使用されます。ベルトの有無は人それぞれですが、腰痛が気になる方には付けてほしい道具です。

 

 

ウエイトリフティングで使用するベルトの選び方

 

スナッチやクリーン&ジャーク種目では、股関節から上半身にバーベルが移行していく際ベルトが邪魔になってしまう場合があるため、お腹側が細く腰側は幅のあるタイプのベルトを使用するのがオススメです。また、ベルトに厚みがある場合も同様に邪魔になってしまうため、ベルトの厚みが少ないタイプの物を選びましょう。

 

 

ベルトを使用するタイミングは?

 

スナッチやクリーン&ジャークでは腰の負担が気になり出す重量、スクワットやデッドリフトではMAX近い重さや、高回数のトレーニングを行う際に使用します。また、体のできていないトレーニング初心者の方や小中学生の場合は、トレーニング中はベルトを使用するのがオススメです。ですがベルトに頼りすぎないように、平行して腹筋背筋などの基本的な体幹トレーニングも行なっていくのがオススメです。

 

 

ベルトの使い方

 

ウエイトリフティングで使用するベルトは、お腹側は細く腰側は幅が広くとってあるものを着用するため、まずは腰の位置にベルトを合わせピッタリとフィットさせた状態でお腹側のピンを少しキツいぐらいに付けていきましょう。骨盤にかかっている状態で止めてしまうとお尻を後ろに引くスクワットの姿勢がとりにくくなるため、骨盤にはかからないように注意が必要です。骨盤の位置が低くついている、高くついているなど人それぞれ体型は違いますので、自分に合ったベルトの付け方も探していくといいですよ。

 

 

スクワットやデッドリフトのトレーニング

 

ウエイトリフティングは床から股間までバーベルを持ち上げる際の脚力が重要です。脚力を鍛えるために、スナッチやジャークの動きに直接関係のあるスクワットやデッドリフトのトレーニングが必要となります。スクワットやデッドリフトではスナッチやクリーン&ジャーク種目を行うよりも重さを扱えるため、怪我には注意が必要です。スクワットやデッドリフト種目ではベルトをしていても動きの妨げにならないので(キツく締めすぎるのは逆効果ですが)ベルトは着用してトレーニングを行うのがオススメです。また腹圧をかけて体幹を安定させる目的もあります。

 

 

怪我なくウエイトリフティングを行うために

 

怪我をしてしまうとその期間はトレーニングができなくなってしまいます。特に多い腰の怪我ですが、体の中心部にある場所なので怪我をしてしまうと全身トレーニングができなくなってしまう部分です。ベルトでの保護の他にも、体幹トレーニングや全身のストレッチで固まった筋肉をほぐし体の動きを良くすることで怪我を予防することができます。

ウエイトリフティングでは特に足首、股関節、肩甲骨周りの柔軟性が必要で、体幹もしっかり固まっていないと床からバーベルを引き上げるのに、腰に負担がかかってしまいます。

初心者の方は基本的な体の動きやストレッチの方法を教わりながらトレーニングしていきましょう。横浜にあるフリーウエイトジムエスクァティアでは、基本のフォーム作りからスコレッチ方法まで指導を行っています。https://esquatir.com/

怪我なく、楽しく、満足のできるトレーニングができるよう必要な道具を揃えていきましょう。

 

 

ウエイトリフティングの練習場

 

ウエイトリフティングは頭上からバーベルを落とすため、衝撃を吸収する素材の床のある場所での練習が必須となります。また専用のバーベルやプレートを使用せずに行なうと、機材が破損する原因になりますので気をつけましょう。

 

横浜にあるフリーウエイトジムエスクァティアでは、バーベルが落とせるスペースとウエイトリフティング専用のバーベルやプレートがあり、自由に利用する事のできるジムです。

https://esquatir.com/

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る