トレーナー紹介

大谷憲弘1
大谷憲弘2
代表取締役
ESQUATIRヘッドコーチ

大谷 憲弘 Norihiro Otani

パワーリフティング選手
1980年4月10日、神奈川県逗子市出身。

74㎏級スクワット日本記録保持者、ベンチプレス元日本記録保持者
2016年全日本選手権 団体優勝達成
2016年、2015年、2014年全日本選手権 74kg級優勝 3連覇達成
2016年世界選手権日本代表、2016年世界ランキング5位
2015年世界選手権日本代表、2015年世界ランキング9位
2014年世界選手権日本代表、2014年世界ランキング7位
2013年世界選手権日本代表、2013年世界ランキング8位
2012年全日本選手権 74kg優勝

ベスト記録:スクワット307.5㎏(現日本記録)、ベンチプレス231.5㎏(元日本記録)、デッドリフト265㎏ トータル792.5㎏

「強くなりたい」との思いから、14歳で格闘技を開始。
25歳のとき、さらなる強さを求めて本格的な筋肉トレーニングに着手する。
メキメキと挙上重量を伸ばし、パワーリフティングの専門ジムに通い始めた頃を境に関心が傾倒、トレーニング開始2年で競技者として日本2位に上り詰めた。かねてより掲げていた「日本一」の栄冠を胸に、今度は「世界一」を目指し、あらゆる既存の理論を実践・検証した上で確立した独自のトレーニング理論を武器に、日々の身体づくりに勤しんでいる。


大会実績
2016年
全日本パワーリフティング選手権 74㎏級/優勝
世界パワーリフティング選手権 74㎏級/アメリカ/5位
2015年
全日本パワーリフティング選手権 74㎏級/優勝
世界パワーリフティング選手権 74㎏級/ルクセンブルク/9位
2014年
全日本パワーリフティング選手権 74㎏級/優勝
世界パワーリフティング選手権 74㎏級/アメリカ/7位
2013年
全日本パワーリフティング選手権 74㎏級/準優勝
世界パワーリフティング選手権 74㎏級/ノルウェー/8位
2012年
全日本パワーリフティング選手権 74㎏級/優勝
世界パワーリフティング選手権 74㎏級/プエルトリコ/記録なし
2011年
アジアパワーリフティング選手権 74㎏級/神戸/3位  種目別:スクワット/金メダル、ベンチプレス/銅メダル
2010年
全日本パワーリフティング選手権 67.5㎏級/準優勝
世界パワーリフティング選手権 67.5㎏級/南アフリカ/6位  種目別:ベンチプレス/銀メダル
2009年
全日本パワーリフティング選手権 67.5㎏級/準優勝
世界パワーリフティング選手権 67.5㎏級/インド/5位
2008年
全日本パワーリフティング選手権 67.5㎏級/準優勝
世界パワーリフティング選手権 67.5㎏級/カナダ/6位
2007年
全日本パワーリフティング選手権 67.5㎏級/準優勝
2006年
全日本パワーリフティング選手権 67.5㎏級/9位

もっと知りたい!大谷ヘッドコーチ Q&A

Q1. 自分の性格を一言で表してください。
A. トレーニングに関しては、細かいです。あらゆる角度から理論的に捉えて、最も効果のでる方法を模索します。
が、オフのときはざっくりと、細かなことはあまり気にしません。「みんなで楽しく」がモットーです。

Q2. パワーリフティングの魅力を教えてください。
A. 達成感です。自分にとって限界ギリギリの高重量を扱うことは、命の危険と隣り合わせともいえます。
とても苦しいですけど、試技を終えていつもの状態に戻ってきたときのやり切った感といったらないです。
それを知ってからはほかのどんなエンターテインメントよりもパワーリフティングのほうが面白い、と思うようになってしまいました。

Q3. ESQUATIRって、どんなジムですか?
A. 会員の仲がとてもいいジムだと思います。 馴れ合いの仲の良さではなく、イメージとしては学生時代の部活動。
トレーニングをするときは、それぞれが目標に向かって個々できっちり行って、合間にお互いのフォームについてアドバイスし合ったり、トレーニングがスムーズにできるように器具を譲り合ったり。ともに助け合って成長していこうという意識が非常に高いと思います。

Q4. 入会を悩んでいる方へメッセージを。
フリーウェイト専門というと、特に初心者の方には敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。
むしろ初心者の方にこそESQUATIRの扉をノックしてほしいと思っています。

ウェイトトレーニングの基本は、正しいフォームです。120%怪我をしない運動というものはありません。
しかし、そのなかでも安全性を高めるのは正しいフォームにほかなりません。
私たち競技者は、怪我をせずに高重量を扱うことが専門ですから、指導はお任せください。
もちろん競技者の方、他競技のアスリートの方もぜひいらしてください。僕自身、現役の競技者としてさらなる高みを目指している途中です。
ESQUATIRで最強のパフォーマンスを手に入れて、一緒に強くなっていきましょう。

木目田隆文
ESQUATIRトレーナー

木目田 隆文 Takafumi Kimeda

パワーリフティング選手
東京町田市出身

パワーリフティング83kg級
ノーギアベスト記録:ベンチプレス150kg

得意種目はベンチプレス!!
パワーリフティングのスクワット、ベンチプレス、デッドリフト3種目ではベンチプレスを超得意とする。毎日朝から晩まで常にパワーリフティングのベンチプレスを考えて、指導とトレーニングに活かしている。パワーリフティング3種の指導は大変好評を頂き、ベンチプレスパーソナル指導・パワーリフティングパーソナル指導は月に数多くをこなす。指導した52kgの男性はベンチプレス35kgを1か月足らずで倍の70kgまで挙げれるようになるなど、確実に怪我の無いフォームを定着させることが出来る。見た目通りの優しい雰囲気は男性女性問わず安心感と好感を持って頂いています。


小笠原 拳士郎
ESQUATIRトレーナー

小笠原 拳士郎 Kenshirou Ogasawara

パワーリフティング選手、フィジーク選手
岩手県盛岡市出身

パワーリフティング93kg級
ノーギアベスト記録:ベンチプレス140kg デッドリフト240kg

得意種目はデッドリフトとボディメイク、サプリメント指導!
パワーリフティングのスクワット、ベンチプレス、デッドリフト3種目ではデッドリフトを最も得意とする。パワーリフティングだけではなくフィジーク大会などにも出場経験あり、サプリメント知識はディープな所まで詳しく持っている。自身のトレーニング量はGYMでトップを争うほどのハイボリュームトレーニングをこなし、指導に必要不可欠な実践の応用力を身につけている。そのため、指導では細かな動きを見極めてアドバイスすることが出来る。セコンド経験としては全日本選手権、ワールドゲームズと大きな大会があり、筋トレ初心者からトップ選手まで隈なくサポート対応出来るためジムでも頼られる存在である。




本間智也
本間智也
本間智也
本間智也
本間智也
ESQUATIRウエイトリフティング専門コーチ&トレーナー

本間 智也 Tomoya Honma

ウエイトリフティング選手
山形県出身

山形県鶴岡工業高等学校 インターハイ 5位
中央大学 ウエイトリフティング部 インカレ個人2連覇(※3年次に28年ぶり団体優勝)
自衛隊体育学校にスカウトされプロ契約 3年間ナショナルチーム入り

ウエイトリフティング77kg級
ベスト記録:スナッチ146kg クリーン&ジャーク180kg

【私のパーソナルトレーニングのこだわり】
長年にわたり培ってきた技術と積み重ねた練習を初めての方にでも分かり易く指導させていただきます。 また、競技力向上されたい方には上級テクニックも指導いたしますのでぜひ一度ご依頼ください。※キャンペーン情報をご確認ください。

全くの初心者の方には握り方、姿勢、道具の選び方など細かいところから指導させていただきますのでご安心してお任せください。
どんな人にも丁寧に楽しく指導したいと思っています。

【ESQUATIRでの実績】
先日、8月3日のパーソナルトレーニング、8月3日・5日のウエイトリフティング教室ではフォーム修正により、なんと全員が5kg~10kgの自己ベストを更新されました!お陰様で活気のあるパーソナルと教室となりました。ありがとうございます!!

ウエイトリフティングは、日常生活の動きからアスリートのフィジカル強化まで幅広くサポート出来ます。この機会に自身の体を変えてみませんか? もちろん競技としても魅力的で楽しめること間違い無しです!

私のパーソナルトレーニングを通じて新しい身体の使い方、楽しみを発見して生活を豊かにして頂ける様、全力でサポートさせて頂きますので今後ともよろしくお願いいたします!


【今だけお得なキャンペーン情報】
※初回半額キャンペーン内容※
絶対に成長して頂ける自信があります!ぜひお試し頂きたいので8・9月中は初回半額キャンペーンを行います。1回の受講料で2回分ご予約可能です。詳しくはESQUATIRまでお問い合わせください。

※新規ご友人ご紹介キャンペーン※
ご友人に私のパーソナルトレーニングをご紹介・受講頂いた方には特別サービスをご案内させて頂きます!ご友人の方は初回無料、ご紹介者様は次回受講料半額キャッシュバックいたします。
こちらも詳しくはESQUATIRまでお問い合わせください。


大会実績
一覧
全日本選手権 2015年優勝
全日本選手権 準優勝 3回
全日本社会人選手権 優勝 5回
アジア選手権日本代表