ご案内

野球へのアプローチ

野球の力とスピードはウエイトトレーニングを行うことによって確実にパフォーマンスを向上させてくれます。
下半身の筋力の向上とスイングスピードは密接に関係しているというデータも報告されています。

よく使う筋肉:
大胸筋(胸)、広背筋、脊柱起立筋、腹直筋、腹斜筋、大腿四頭筋、ハムストリングス、大殿筋、下腿三頭筋



デッドリフト

肘、肩の消耗を抑える1つの方法としては下半身を強化し上半身を安定させ無駄な力を抜くことができます。
スクワットと並びお勧めするのはデッドリフトです。
デッドリフトは特に身体の裏側の筋肉、起立筋群、臀筋、内転筋、大腿二頭筋(ハムストリングス)を動員させます。


ハムストリングスを強化すると下半身から上半身を支える力、
踏ん張る力、地面から上に伝える力が強くなります。
また内転筋は四頭筋やハムストリングスに比べると鍛えにくい筋肉です。


多くの選手は内転筋と大腿筋のバランスが悪くなり、
下半身のブレを吸収できず上半身に頼った投げ方になってしまいます。
不安定な動作からは肩肘の故障につながります。
足腰の強化は腕のしなりや上半身のねじりがうまく使えるようになるため、
伸びのある強いボールを投げられるようになります。


デッドリフト以上に身体の背部強化に適した種目はないのですが、
一般のジムでは指導者不足のため「怪我のリスクを減らすフォーム」を習得できないことが難点です。
フォームによっては背中の筋肉を使う割合が多すぎて下半身の強化がおろそかになってしまいます。


デッドリフトが腰に効いてしまう人はフォームがよくない可能性があります。
ESQUATIRではトレーニングのためのデッドリフトではなく、競技のために最大出力をだすための
デッドリフトを常に追求しているため、下半身から背筋まで全てを使ったデッドリフト習得が可能です。


最大限出力のトレーニングというのは怪我の少ないフォームが大前提です。
そうすることで出力を高めると同時に局所的な負担も少なくなり、
怪我をせず効果的なトレーニングをすることができます。



スクワット

大腿四頭筋は野球ではブレーキとして使われることが多くなります。
打者の場合はとスイングした時にスイングを止めるブレーキとして使われています。
バットの力強い振り出しがどれだけ身体の回転を止められるかでスイングの速さ、
バットのヘッドスピードの速度も変わってきます。


スクワットはデッドリフトと同様に注意点が多くあります。
担ぐ位置や膝・腰の角度など、意識しなくてはいけないポイントがたくさんあります。
うさぎ跳びなどはジャンプスクワットの一種なので、正しいフォームや適切な回数で行えば
足腰の強化には良い種目ですが、フォームや回数設定を理解してない指導者が
成長期の若者に無理にやらせたため、すっかり悪いイメージのトレーニングになってしまいました。


ESQUATIRでは個人個人にあった筋力アップのための正しいフォーム、
適切な回数、トレーニングメニューを指導させて頂いていますので膝や腰の
怪我をすることなく足腰を鍛える事ができます。


スイングスピード強化のために四頭筋にフォーカスして行うスクワットのバリエーションもあるので、
「過去に膝や腰を痛めて足腰の強化が上手くできない」という方にもぜひご来店いただきたいと思います。