ご案内

BENCHPRESS ベンチプレスのやり方

ベンチプレスのやり方
ESQUATIRでは世界基準の公式のベンチプレス台を設置

ベンチプレス台は公式で認められているもの以外は、メーカーによって高さや幅などが違ってきます。この高さや幅の違いは「怪我の少ないフォーム」を取りにくいばかりか、トレーニングするたび使う部位が変わり怪我の原因になります。


少し詳しいやり方を説明するとシャフトを握る位置、手首の角度、肘の角度、肩甲骨の寄せ方、胸の張り方、脚を置く位置などなど高重量になればなるほど、繊細なフォームが必要となってきます。



ESQUATIRにご入会される方で多いのは「我流でやっていたけど限界がきた」


とおっしゃって入会される方が多くいます。そういう方は筋肉の基礎ができていることが多いのでフォームの改善のみでみるみる重量が上がっていきます。中には我流でのトレーニングにずっと壁を感じていた方へ胸の張り方と握る位置を指導させて頂いただけで2か月で20kg重量増加することができました。


モリモリになりたくないから、そこまでやらなくてもいい


と思う方もいらっしゃると思います。間違ったベンチプレスが原因の肩の腱板損傷で手術に至る場合もありますので、重さではなく綺麗で安全性の高いやり方とフォームを習得されてはいかがでしょうか。せっかくトレーニングに興味を持って頂いたのですから、みんなで一緒に身体の成長を楽しんで欲しいと思います。トレーニングの喜びは自分の身体の変化や思ったように身体が動かせることによる達成感にあります。

ESQUATIRで正しいベンチプレスのやり方・フォームをつけ、今まで自分の限界だと思っていた部分を改善していただくことで、新しい目標の設定、そしてクリアする喜びを味わっていただきたいと思います。