ESQUATIR
ウェイトトレーニング専門ジム エスクァティア公式サイト

トレーニングで腰痛になった時にやるべきこと

2018年11月29日

皆さま、こんにちは!

フリーウエイトジムESQUATIRです。

 

 

よくトレーニングをしている方から

「腰が痛いのですが、しばらく練習をしない方が良いですか?」

といった相談を良く受けます。

 

 

 

痛いところがあると、不安で楽しめなくなってしまいますよね。

 

 

確かに怪我の度合いによってはトレーニングを控え、

休養をとった方が良い時もあります。

 

 

 

しかし、怪我を未然に防いだり、痛みを軽減させてトレーニングを

行なう方法がいくつかあるのでご紹介します♪

 

 

 

*トレーニング前のストレッチ*

 

腰痛の原因は様々ですが、トレーニングしている人に多いのが

脚や背、殿筋など腰以外の筋肉が固まっていることが原因の一つとしてあります。

 

 

その部分をほぐしておくと、可動域が出て腰痛を軽減させることができます!

 

 

 

 

 

 

*腰や体幹トレーニングで体を強化する*

 

腰が痛い時に、腰のトレーニングをして余計に痛くならないの?

 

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

保護する為に、腰や体幹のトレーニングはしっかり行っておくことが大切です。

 

 

 

 

 

 

*正しいフォームと力の出し方を習得する*

 

怪我で一番多いのは、無理なフォームや力の使い方をすることです。

 

正しいフォームとはなかなか自分で修正することは、難しく

 

誰かに見てもらったり、客観的なアドバイスをもらうことで

 

間違いに気づくことができます!

 

 

 

 

 

 

ESQUATIRでは、怪我なく安全なフォームでトレーニングすることを

大切にしています!!

 

 

気になる方は見学や体験もできますので

お気軽にお問合せ下さい♪

 

 

 

 

 

 

記事をお読みいただき誠にありがとうございました!!

☆入会をご検討の方はこちらをお読み下さい。☆

見学・体験・入会手続きは
完全予約制とさせて頂いておりますので
お電話またはメールにて
事前にご連絡をお願い致します。

TEL:045-232-4206
MAIL:info@esquatir.com

皆様のご連絡をお待ちしております。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る